ダイエットの為に

ストレッチで健康的にダイエット

ダイエットや運動不足に効果的で、太りやすかったり運動不足に悩む人の大半は、コア(体の中心)の動きが悪くなっているんです。コアがこり固まっているということは体の中心が「緊張」しているということです。体の中心が緊張していては、周囲の筋肉もリラックスできずに動きが悪くなってしまうんです。コアがほぐれていなければ、簡単なストレッチでも苦戦して、せっかくのストレッチの効果も半減してしまうのです。全身のストレッチをする前に体の「コア」をほぐしておいたほうがより効果があります。

 

まずは「体幹」。体を前後左右に曲げたり、伸ばしたり、まわしたり、さまざまな方向に動かす、体の中心部です。しかし、体の芯でありながら、動かすことを意識しにくい部分なのです。
体幹を自在に動かすのが難しいのは、関節の動きが自分では分かりにくいからなのです。思うように動かせない人がとても多く、この体幹を上手に動かせないと体の動きが手先や足先だけの動作になってしまい、体のバランスを崩し、腰痛の原因になる場合もあるのです。
体幹をほぐすには、みぞおちを中心に胴体を前後左右に曲げ、そらしたり回したりします。次に、骨盤(腰)を固定して上半身だけを動かし脊柱の周りをほぐします。そして、肩を固定し、骨盤だけを動かし骨盤の周りをほぐします。
これを10回くらいずつ行うだけで、姿勢、腰痛の改善、おなかのたるみなどが取れてきます。

 

そして「肩甲骨」まわり。肩こり、背中のこりに悩む人にはぜひやって欲しいです。肩甲骨というのは、胴体と腕をつないでいて、腕の動きの中心となる部分なのです。ここの動きが悪くなると肩や背中のこりの原因となります。
肩甲骨をほぐすには肩を上下、前後に動かします。さらに腕の動きも連動させると効果がアップします。
肩甲骨の動きが悪い人は、誰かに肩をつかんでもらい、外側からゆっくりと動かしてもらってください。

 

そして「股関節」。足を動かしてほぐしていくのですが、股関節は、歩く、走る、飛ぶなどの足を使う動作の重要な役割をしています。
股関節をほぐすには、上半身の姿勢をまっすぐにし、前後左右、まわす、ねじる、など荒裕奉公にうごかしてください。また、ひざから下だけでなく脚を付け根から動かすとさらに効果的です。
実際にやってみると、体がとても温まります。これを続けるだけで健康的なダイエットができるんです。
ちょっと空いた時間に10〜15分やってみてください。1ヶ月も経つとスタイルが変わってきますよ!

 

食事も大事!ラクトフェリンを多く含む食べ物を積極的にとって中性脂肪を減らそう。

更新履歴